売却できない。土地の査定さえ断られた

やまねこ不動産は所有権放棄サポートを行う日本で唯一の専門宅建業者です。お困りの土地の所有権を当社が有料にてお引取りするサービスをご提供しています

当社でお引受けさせて頂いた千葉県の土地。先週、無事に当社への所有権移転登記が完了しました。
お客様は需要ないから売れないとおっしゃっていたのですが、私が見るに、まったく可能性がないわけではないと思っていました。一括査定サイトに査定をお願いすることにしました。

一括査定サイトに挑戦するも

私も長年不動産業界にいるのですが、自分でこうした一括査定サイトのようなところに依頼するのは初めてでした。
が、エリアが決まっているみたいで、SUUMOの一括査定サイトではエリア外と言われました。そこまで山奥の土地とかそういうわけではなく、周りにも家が建っているのですけどね。。。

次にアットホームでやってみたら、2社がそのエリアでも査定しますということでした。
「よかった~」と安心したのもつかのま、1社からは「売却できる自信がありません」と翌日にお返事。
残りの1社は一週間くらいお返事なかったのですが、「申し訳ございません。コロナの営業のため査定できません」と。

私も常日頃査定業務を行ってきました。査定にコロナはまったく関係ないのですよね~
駅前の土地だったら、決してこんなこと言わないはずです。

ということで、結局、どこからも査定さえしてもらえませんでした。

不動産業界の裏事情

不動産業者に断られたからといって、本当にその土地が売れないというわけではありません。
不動産の仲介業者は仲介手数料をもらうのが仕事です。そして仲介手数料は物件価格のパーセンテージで金額が決まります。通常3%です。
1,000万円の物件も1億の物件も仲介業者からするとやることはほぼ同じですが、1000万円だと約30万円、1億だと300万円ももらえます。仲介業者としてはできるだけ高額の物件で仕事したいのです。

これがもし100万円の物件だったら5万円が仲介手数料です(400万以下は3%よりは増えます)。仲介というのはお客様のご案内だけではなく、契約書作成や調査業務も含まれます。5万円だと赤字になる可能性もあります。ですので、100万円だったら本当は売れる物件でも、不動産業者は赤字の可能性があるので、取り扱いしたがらないのです。

とりあえず、不動産業者に相手してもらえないことはわかりました。
当社も普通に不動産業者ですので、今度は自社でSUUMO等に掲載してみようかと考えています~

投稿者プロフィール

溝口 喜郎
溝口 喜郎代表取締役
やまねこ不動産株式会社の代表取締役です。
当社では、処分に困る不動産の所有権を有料でお引取りするサービスをご提供しています。
詳しくは下のwebアイコンからHPをご覧ください。
Twitterでも毎日情報を発信しています♪

土地の放棄、あきらめていませんか?

当社では処分にお困りの不動産の所有権を引き受けるサービスをご提供しています。
■ お手軽:そのままの状態でOK!
■ 安心:もとの所有者様に一切責任が及びません!
■ 実績多数:2017年より全国の皆様がご利用中♪
詳しくは土地の所有権放棄サポートセンタ―をご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP