視察旅行:西日本一周の旅

やまねこ不動産は所有権放棄サポートを行う日本で唯一の専門宅建業者です。お困りの土地の所有権を当社が有料にてお引取りするサービスをご提供しています

2月10日から5泊6日の旅程で当社所有物件の視察旅行へ出かけてました。その記録です。

当社へのご相談は大きくわけると土地と建物つき土地となります。土地は市街地でなければそこまで気にならないのですが、建物は近隣へ迷惑をかけるリスクが大きく、当社としても非常に気になるところです。今回はそんな建物を中心に見て回る視察旅行でした。

まわったのは、福岡県北九州市、山口県下関市、広島県呉市、岡山県高梁市、香川県高松市、愛媛県四国中央市です。香川県をのぞくとすべて建物(古家)があります。いちおうお客様に鍵をいただいているのですが、多くが鍵さえいらないのではと思われるようなかなりやばめの建物でした。

共通するのは道がないことです。歩行できる道はあるのですが、クルマが入りません。建物の再建築にあたっては原則的に幅員4mの前面道路が必要です。それが確保できないと現行の建築基準法では再建築不可となり、結果、土地としての価値が0になります。そもそも需要がない地域も多く、回り回って当社がお引き取りすることになりました。

岡山県にいる時に、さて四国に渡ろうと思ってたところで、兵庫県のお見積り依頼が入りました。こちらは土地なのですが、敷地裏側ががけになっており、しかも隣がすでに崩れ落ちているというかなりやっかいな案件でした。ちょうどよかったので岡山から兵庫県までいき、現地の視察もできました。

また、当地のグルメも楽しめました。呉市の広島風お好み焼きや香川でのうどんなどです。コロナとはいえお昼間は飲食店もやっていますので、大変楽しめました。さらに愛媛県西条市の行政書士の先生(リニシス法務事務所)にご挨拶に行き心温かい歓迎をうけました。愛媛県はマンボウやっていないので、先生と一緒に夜お酒も飲めました。ありがとうございました。

今回はオミクロン株を恐れ、極力接触をさけるために福岡から社用車で周りました。正確に記録していませんがおそらく1000kmは走ったかと思います。新幹線でいって、当地当地でレンタカー借りるのはそれでそれで面倒なのですが、さすがに今回は運転時間が長く、かなり疲れてしまいました。

次回の東京はさすがに飛行機でいきます笑

投稿者プロフィール

溝口 喜郎
溝口 喜郎代表取締役
やまねこ不動産株式会社の代表取締役です。
当社では、処分に困る不動産の所有権を有料でお引取りするサービスをご提供しています。
詳しくは下のwebアイコンからHPをご覧ください。
Twitterでも毎日情報を発信しています♪

土地の放棄、あきらめていませんか?

当社では処分にお困りの不動産の所有権を引き受けるサービスをご提供しています。
■ お手軽:そのままの状態でOK!
■ 安心:もとの所有者様に一切責任が及びません!
■ 実績多数:2017年より全国の皆様がご利用中♪
詳しくは土地の所有権放棄サポートセンタ―をご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP