土地の管理費詐欺:原野商法二次被害

やまねこ不動産は所有権放棄サポートを行う日本で唯一の専門宅建業者です。お困りの土地の所有権を当社が有料にてお引取りするサービスをご提供しています

原野商法でだまされて買ってしまった土地。土地の評価額がそもそも低いため、固定資産税はかからないことが多いです。が、管理責任からは逃れることができません。

一番多いのが樹木の越境。隣地からしたら迷惑です。ただ隣地もジャングルのようになっていることもあります。
が、例えば道路にはみ出してるとかなると非常に問題があります。こちらの木が道路に倒れてしまい、道路が使えなくなるとか。その場合、土地の所有者が責任を負うことになります。

所有者からしたら大変心配。ここに目をつけたのが管理費詐欺です。通常、売却とセットにして不動産会社が行うことが多いです。
不動産会社は売却を土地の所有者から請け負います。不動産会社の仲介手数料は通常は成功報酬です。売却が決まって初めて仲介手数料をもらえます。不動産会社はその土地が売れないことがわかってますから、仲介手数料はあてにしていません。売却できるまでの間、そこを管理しますという名目で管理費を請求するのです。これが管理費詐欺です。

写真はその現場です。たまたまご相談の案件が福岡でしたので、お客様からの情報を元に現地調査にいきました。そしたらこの売却看板が立ててありました。お客様にお尋ねしたところ、そこは大阪の不動産会社で売却と管理をお願いしてます、管理契約も結んでますと。

うっ。管理ってこれ看板立ててるだけなのですが。。。だいだい大阪の不動産会社が福岡の土地とか売らないですよね。現地案内するだけで福岡まで来る経費がかかってしまいます。そもそも売る気などなくて、管理費名目でお金とってるだけ。

お客様にはそのことはお話せず(不愉快になられるだけなので)、そうなのですね〜と流しましたが、けっこうひどいことするなと。

後日、お客様とのご契約にあたり、大阪の不動産会社との管理契約を解約してもらいました。その契約を当社が引きつぐことになったら大変ですので。そしたらお客様が管理契約は解約できましたが、その看板を撤去して頂けませんかと。その不動産会社がお客様にそう言ったようです。厳密にいえばその会社が撤去するべき話ですよね。

もちろん看板は当社のほうで処理しましたが、最後までにくたらしい会社だと思いました。

投稿者プロフィール

溝口 喜郎
溝口 喜郎代表取締役
やまねこ不動産株式会社の代表取締役です。
当社では、処分に困る不動産の所有権を有料でお引取りするサービスをご提供しています。
詳しくは下のwebアイコンからHPをご覧ください。
Twitterでも毎日情報を発信しています♪

土地の放棄、あきらめていませんか?

当社では処分にお困りの不動産の所有権を引き受けるサービスをご提供しています。
■ お手軽:そのままの状態でOK!
■ 安心:もとの所有者様に一切責任が及びません!
■ 実績多数:2017年より全国の皆様がご利用中♪
詳しくは土地の所有権放棄サポートセンタ―をご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP