ブッシュクラウト用地⁉山口県周防大島への視察旅行 2

やまねこ不動産は所有権放棄サポートを行う日本で唯一の専門宅建業者です。お困りの土地の所有権を当社が有料にてお引取りするサービスをご提供しています

山口県周防大島は地名だけではなく、本当の島です。ただし本州とは数百メートルしか離れていないため、橋によってつながっています。およそ800メートルほどでしょうか。これがその写真です(大島側から)。
地名のごとくかなり大きな島で端から端までクルマで1時間ちょっとかかります。

当社が目指したのは周防大島の東三蒲というところです。山の中の一角のため正確な場所はわかりません。字図に座標がついていましたのでその座標によっておよその地点は把握できました(最初の画像)。
山道をジムニーで登り、おそらくこの山だろうという山が見つかりました。当該地は1500坪と普通の土地としては大きいのですが、山は何万坪もありますのでこの山のどこかという感じでしかわかりません。もしよいところだったら、土地家屋調査士の先生に測量を頼むつもりでした。

が、まずその山にクルマで入れる道がありませんでした。なんとなく遊歩道みたいのがあるにはあるのですが、途中でやるきなくなったのか、突然けもの道みたいのになっていました。

キャンプ用地として使うにはクルマで最低途中まではいけないといけません。クルマを下の道に長時間停めるわけにはいかないからです。そこはあらじめ字図で確認しておかねばいけませんでした。公道なり少なくとも里道のようなものに接していない土地はそもそも法的には接近することもできません。

ということでキャンプ用地としてはまったく条件にそぐわないということが判明しました。正直無駄足に終わってしまいました‥

一方で、初めてのキャンプはうまくいきました。それぞれ違うオートキャンプ場で2泊しました。キャンプ場がどういうものか、またどういうところにニーズがあるのか探るためです。見よう見まねでテントを張って焚き火なども十分楽しめました。思ったより快適にいろいろ取り揃えられており(清潔な炊事場とトイレ等)、わざわざブッシュクラウトなどやる必要があるのかと思ったほどですが、趣味は人それぞれ。いつかブッシュクラウトにも挑戦してみたいです。

これがドローンで空撮した現地の山です。

投稿者プロフィール

溝口 喜郎
溝口 喜郎代表取締役
やまねこ不動産株式会社の代表取締役です。
当社では、処分に困る不動産の所有権を有料でお引取りするサービスをご提供しています。
詳しくは下のwebアイコンからHPをご覧ください。
Twitterでも毎日情報を発信しています♪

土地の放棄、あきらめていませんか?

当社では処分にお困りの不動産の所有権を引き受けるサービスをご提供しています。
■ お手軽:そのままの状態でOK!
■ 安心:もとの所有者様に一切責任が及びません!
■ 実績多数:2017年より全国の皆様がご利用中♪
詳しくは土地の所有権放棄サポートセンタ―をご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP