冬季休業のお知らせ(12月18〜1月10日)

やまねこ不動産は所有権放棄サポートを行う日本で唯一の専門宅建業者です。お困りの土地の所有権を当社が有料にてお引取りするサービスをご提供しています

早いものでもう年末です。当社の冬季休業についてお知らせいたします。

12月18日(土曜日)から1月10日(月曜日/祝日)まで冬季休業を頂きます。この期間、お電話でのお問合せ、こちらからのお見積書のご提出等はお休みします。メールやLINEでのお問合せやご相談は休業期間にかかわらず通常通り受付けております。

数えてみると24日間ありかなり長いのですが、12月は所有権移転登記の新規申請をもう行いませんので、当社はけっこう暇になります。この時間を利用し、大分県玖珠町の自社土地の整備作業を行うためです。

お引取りした土地の活用法については当社も頭を悩ませています。活用しなくても当社はやっていけるようにはなっていますが、もし活かせる方法があればそれに越したことはありません。

土地活用の一環として、「やまねこプライベートキャンプ場」というコンセプトで大分県玖珠町で土地の整備を進めています。広大な山林を当社でお引取りすることも多いのですが、その活用です。通常のキャンプ場ってすごく人が多いのですよね。声が聞こえるくらい近くに他人のテントがあったりして、せっかく遠くまできたのに、なんか気を使うみたいな。

当社のプライベートキャンプ場とは簡単にいうとその人(あるいはそのグループ)以外誰もいないキャンプ場です。キャンプ場はもちろん周辺数百メートルとかにも人が誰もいませんので、完全に自由な空間が楽しめます。音楽を大音量できくもよし、木を切って焚き火しまくるのもよし、犬なんかを連れてきて放し飼いにするのもまったく自由です。写真は私が家族と楽しんだドラム缶風呂です。こういうことも通常のキャンプ場ではできません。

一方できちんとしたキャンプ場ではもちろんありません。基本、山林です。クルマでアクセスができ、テント張れるくらいの平地があり、といった最低レベルのものとなります。ただ本当に何もないとそのへんの山とあまり変わりがありませんので、水とトイレはなんとか準備したいと考えています。

私の構想では、そこを年単位でお貸しし、あとは自分たちで好きなように整備をしてもらうことになります。こうなると山小屋をつくったり、DIYの作業所としたり、そういった利用方法もできるようになります。

このキャンプ事業は収益性は見込めませんが、放棄された土地の活用が少しでも進めばいいなと思って行っています。

投稿者プロフィール

溝口 喜郎
溝口 喜郎代表取締役
やまねこ不動産株式会社の代表取締役です。
当社では、処分に困る不動産の所有権を有料でお引取りするサービスをご提供しています。
詳しくは下のwebアイコンからHPをご覧ください。
Twitterでも毎日情報を発信しています♪

土地の放棄、あきらめていませんか?

当社では処分にお困りの不動産の所有権を引き受けるサービスをご提供しています。
■ お手軽:そのままの状態でOK!
■ 安心:もとの所有者様に一切責任が及びません!
■ 実績多数:2017年より全国の皆様がご利用中♪
詳しくは土地の所有権放棄サポートセンタ―をご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP